スタッフブログ

2017.09.19更新

シルバーウィークは、大型台風の心配がありましたが実家へ帰省してました。

実家が京都というわけではないのですが、割と近いので帰省のたびに京都へ出かけています。

今回は、日本最古の禅寺である建仁寺に行って来ました。

有名な風神雷神や天井に書かれた双龍図、圧巻でした。

以前上野の美術館でレプリカを見たことがあるのですが、やはり本物は違いますね!寺内の庭園も素敵で癒されました。

京都は本当に見所がたくさんあるので、また次の帰省も楽しみです^_^

 

m

 

きょうと

投稿者: つかさ整骨院はり灸治療院

2017.09.15更新

 

 

もうすぐハロウィンですね!笑

ハロウィンといえばかぼちゃ。甘くほっこりとした食感で冬のイメージがあるかぼちゃですが旬は6月から9月頃です。しかし切らずにいれば数ヶ月保存できる優秀な野菜です。

かぼちゃの成分はとても優秀でビタミンEは野菜トップクラス、抗酸化作用があるβカロテンも豊富に。かぼちゃの中身が黄色なのはかぼちゃ自体が紫外線から身を守る為に由来するものです。

ちなみにβカロテンは油と一緒に調理することで吸収率がとてもあがります。

種にも栄養がたっぷり入っています。煎った種はコレステロールの抑制効果のあるリノール酸が多く、また骨の発育を助けるマンガンや味覚を保つ亜鉛も豊富に含まれてます。種も優秀ですね。

動脈硬化やがんの予防にもなり血行促進や肌荒れの予防にもなるかぼちゃ、ぜひ明日の夕飯に入れてみてはどうでしょうか?

 

 

かぼちゃ

F

投稿者: つかさ整骨院はり灸治療院

2017.09.13更新

院のカレンダーに健康に役立つ記事を見つけましたflower2

 

ビタミンB2にはエネルギーの代謝を助ける補酵素役があります。

 

中性脂肪が分解されてできた脂肪酸はさらに分解されてエネルギーとなりますが

ビタミンB2が不足すると脂肪がエネルギーとして利用されず、

蓄積されてしまうので脂肪燃焼にはビタミンB2を補う必要があるそうです。

 

成人1日の摂取量目安

     男性  1.6㎎

     女性  1.2㎎

 

おすすめの食材

     納豆   100g / 0.56㎎

パルメザンチーズ  100g / 0.68㎎

モロヘイヤ(生)  100g / 0.42㎎

 

今年こそは運動の秋にしたいと思っていますehe

 

O

投稿者: つかさ整骨院はり灸治療院

2017.09.11更新


近頃、足がつるという方が大変多いですが、それはどうしてでしょうか?

その原因は大きく分けると3つあります。

 

1 血行不良
血液の循環が悪くなると、筋肉が収縮しやすくなります。普段運動しない方や冷え性の方。または、冷房や冬の時期は要注意です。

2 疲労の蓄積
運動などで汗をたくさんかいたり筋肉が疲労すると、ミネラルが失われ筋肉が正常に動くためのエネルギーが乱れ、足をつりやすくなります。

3 栄養不足
ミネラル、ビタミンB1、タウリンが不足すると筋肉や神経が痙攣しやすくなり、疲労が溜まります。その結果、つりやすくなります。

 


普段運動をよくされる方は、しっかりストレッチをすること。
また、高齢の方や運動ができない方は、足を冷やさないようにケアすることが最も簡単な自宅ケアです。

 

筋肉の張りが強い、足が重い、むくみがちの方も、つりやすい傾向があります。マッサージがとても効果的なので、足がつるようになったら一度ご相談ください。

 

m

投稿者: つかさ整骨院はり灸治療院

2017.08.29更新

そば

箱根湯本駅にあるお蕎麦屋さんをご存知ですか?

いつも行きたいと思いつつ、毎度、混雑具合に断念していましたcloud

今回はタイミングが良かったのか念願かなって頂くことが出来ましたglitter

自然薯そばのお店で昭和9年からという歴史のあるお店だそうです。

お店の雰囲気も素敵でしたflower2

 

投稿者: つかさ整骨院はり灸治療院

2017.08.27更新

夏も終わりに近づき、体調を崩したり、疲れが取れにくいことがあります。季節の変わり目は自律神経が乱れやすくなるので、不定愁訴が出やすい時期です。

 

人それぞれの対処法があると思いますが、食材や料理によって改善される自然療法がとても大事だなぁ。と実感します。

 

例えば、レタスが不眠症にいいとか、パイナップルがあざを治すとか、大豆商品が骨粗鬆症に効く。と言ったものです。

私たちが毎日口にしているものは気分を良くするもの、がんを予防するもの、ストレスを和らげるもの、エネルギーを高めるものなどがあります。

毎日口にする食物と積極的に向き合うことで、余分お金をかけずに癒しや健康を手に入れることができるのです。

 

食生活は簡単に変えられるものではないですが、少し気にかけるだけでも十分効果が得られると思います。これからは、実りの季節なので食を楽しみながら寒い冬を迎えられるように準備したいです^_^

 

m

投稿者: つかさ整骨院はり灸治療院

2017.08.27更新

今日はかぶれについて話たいと思います。

この時期テーピングをはってかぶれたり、靴下のしめつける部分でかぶれてしまったりすることがあります。自分の汗が原因でかぶれてしまうことが多いみたいです。患部を清潔にするのも大事ですが皮膚は胃腸の状態と関係が深いそうです。

暑い日が続いて日常的に冷たい飲み物や食べ物を飲んだり食べたりしていると胃腸に負担がかかり冷えてしまうと皮膚コンディションが悪くなりかぶれやすい原因の一つになってしまうそうです。よく行く皮膚科の先生が子供に冷たいもの食べさせないで下さいとおっしゃってました。ついつい暑いので食べたり飲んだりしてしまうと思いますが、皮膚の状態によっては少し意識するのも大事だと思います。

まだ暑い日が続くと思いますが体調を崩さないで乗りきりましょう。

R

投稿者: つかさ整骨院はり灸治療院

2017.08.15更新

先日、箱根へ行き宮ノ下駅から早川(堂ヶ島)渓谷遊歩道というハイキングコースを

歩いてみました。

上流

予想以上に険しい山道で、良い運動になりましたnico

翌日は予想通りの筋肉痛。。。

運動不足を痛感しましたehe

 

投稿者: つかさ整骨院はり灸治療院

2017.08.14更新

お盆休みはいかがお過ごしですか?

今年はあいにくの雨つづきですが涼しい毎日ですね。

先日、私は大山詣りに行ってきました。小雨の中たくさん歩きましたが、山々に雲がかかってとても神秘的でした。

澄んだ空気のおかげで心も身体もデトックスできました。

 

当院は通常通りの営業をしていますので、夏休みの疲れをスッキリ取りたい方は是非お越しくださいflower2お待ちしています^_^

 m

おおやま

投稿者: つかさ整骨院はり灸治療院

2017.08.14更新

よく聞く夏バテ、特定の原因や症状がはっきりしている訳ではありません。

夏になると身体がダルい、やる気が出ない、食欲がない、イライラする、便秘や下痢になる、、、などの症状を夏バテと言います。

こういった症状の原因は日本の夏の高温多湿という特徴のせいではないかと思われます。

人間は体に熱がたまると、体外に排出することで体温を保つと言われています。この重要な役割を担っているのが汗になる訳です。

しかし近年は酷暑と冷房技術の向上で気温差がかなりあるところがいっぱいありますよね?コンビニや電車だってやたらと強く感じる時もあります。

これらが体に対する負荷となり、余計なエネルギーを使ってしまうことで体温調節の機能が弱くなり夏バテと言われています。

 

つまりバテてしまわないためには睡眠や日頃の食事から変えていく必要があるわけです。睡眠が1番のエネルギー回復になりますのでしっかり睡眠を取ること、暑くて寝れない!というならばタイマーで冷房を弱めに付けるだとか少しの工夫で改善されると思います。

今年の夏も異常に暑いですよね?この暑さに負けてしまわぬように日頃から気をつけていきましょう!

 

 

 

F

 

 

 

投稿者: つかさ整骨院はり灸治療院

前へ 前へ
  • bnr_tel.png
  • お問い合わせはこちら
  • スタッフブログ
  • シェリーブログ
  • 患者さんの声
  • 駅前のふくろう整骨院