スタッフブログ

2017.09.11更新


近頃、足がつるという方が大変多いですが、それはどうしてでしょうか?

その原因は大きく分けると3つあります。

 

1 血行不良
血液の循環が悪くなると、筋肉が収縮しやすくなります。普段運動しない方や冷え性の方。または、冷房や冬の時期は要注意です。

2 疲労の蓄積
運動などで汗をたくさんかいたり筋肉が疲労すると、ミネラルが失われ筋肉が正常に動くためのエネルギーが乱れ、足をつりやすくなります。

3 栄養不足
ミネラル、ビタミンB1、タウリンが不足すると筋肉や神経が痙攣しやすくなり、疲労が溜まります。その結果、つりやすくなります。

 


普段運動をよくされる方は、しっかりストレッチをすること。
また、高齢の方や運動ができない方は、足を冷やさないようにケアすることが最も簡単な自宅ケアです。

 

筋肉の張りが強い、足が重い、むくみがちの方も、つりやすい傾向があります。マッサージがとても効果的なので、足がつるようになったら一度ご相談ください。

 

m

投稿者: つかさ整骨院はり灸治療院

2017.08.29更新

そば

箱根湯本駅にあるお蕎麦屋さんをご存知ですか?

いつも行きたいと思いつつ、毎度、混雑具合に断念していましたcloud

今回はタイミングが良かったのか念願かなって頂くことが出来ましたglitter

自然薯そばのお店で昭和9年からという歴史のあるお店だそうです。

お店の雰囲気も素敵でしたflower2

 

投稿者: つかさ整骨院はり灸治療院

2017.08.27更新

夏も終わりに近づき、体調を崩したり、疲れが取れにくいことがあります。季節の変わり目は自律神経が乱れやすくなるので、不定愁訴が出やすい時期です。

 

人それぞれの対処法があると思いますが、食材や料理によって改善される自然療法がとても大事だなぁ。と実感します。

 

例えば、レタスが不眠症にいいとか、パイナップルがあざを治すとか、大豆商品が骨粗鬆症に効く。と言ったものです。

私たちが毎日口にしているものは気分を良くするもの、がんを予防するもの、ストレスを和らげるもの、エネルギーを高めるものなどがあります。

毎日口にする食物と積極的に向き合うことで、余分お金をかけずに癒しや健康を手に入れることができるのです。

 

食生活は簡単に変えられるものではないですが、少し気にかけるだけでも十分効果が得られると思います。これからは、実りの季節なので食を楽しみながら寒い冬を迎えられるように準備したいです^_^

 

m

投稿者: つかさ整骨院はり灸治療院

2017.08.27更新

今日はかぶれについて話たいと思います。

この時期テーピングをはってかぶれたり、靴下のしめつける部分でかぶれてしまったりすることがあります。自分の汗が原因でかぶれてしまうことが多いみたいです。患部を清潔にするのも大事ですが皮膚は胃腸の状態と関係が深いそうです。

暑い日が続いて日常的に冷たい飲み物や食べ物を飲んだり食べたりしていると胃腸に負担がかかり冷えてしまうと皮膚コンディションが悪くなりかぶれやすい原因の一つになってしまうそうです。よく行く皮膚科の先生が子供に冷たいもの食べさせないで下さいとおっしゃってました。ついつい暑いので食べたり飲んだりしてしまうと思いますが、皮膚の状態によっては少し意識するのも大事だと思います。

まだ暑い日が続くと思いますが体調を崩さないで乗りきりましょう。

R

投稿者: つかさ整骨院はり灸治療院

2017.08.15更新

先日、箱根へ行き宮ノ下駅から早川(堂ヶ島)渓谷遊歩道というハイキングコースを

歩いてみました。

上流

予想以上に険しい山道で、良い運動になりましたnico

翌日は予想通りの筋肉痛。。。

運動不足を痛感しましたehe

 

投稿者: つかさ整骨院はり灸治療院

2017.08.14更新

お盆休みはいかがお過ごしですか?

今年はあいにくの雨つづきですが涼しい毎日ですね。

先日、私は大山詣りに行ってきました。小雨の中たくさん歩きましたが、山々に雲がかかってとても神秘的でした。

澄んだ空気のおかげで心も身体もデトックスできました。

 

当院は通常通りの営業をしていますので、夏休みの疲れをスッキリ取りたい方は是非お越しくださいflower2お待ちしています^_^

 m

おおやま

投稿者: つかさ整骨院はり灸治療院

2017.08.14更新

よく聞く夏バテ、特定の原因や症状がはっきりしている訳ではありません。

夏になると身体がダルい、やる気が出ない、食欲がない、イライラする、便秘や下痢になる、、、などの症状を夏バテと言います。

こういった症状の原因は日本の夏の高温多湿という特徴のせいではないかと思われます。

人間は体に熱がたまると、体外に排出することで体温を保つと言われています。この重要な役割を担っているのが汗になる訳です。

しかし近年は酷暑と冷房技術の向上で気温差がかなりあるところがいっぱいありますよね?コンビニや電車だってやたらと強く感じる時もあります。

これらが体に対する負荷となり、余計なエネルギーを使ってしまうことで体温調節の機能が弱くなり夏バテと言われています。

 

つまりバテてしまわないためには睡眠や日頃の食事から変えていく必要があるわけです。睡眠が1番のエネルギー回復になりますのでしっかり睡眠を取ること、暑くて寝れない!というならばタイマーで冷房を弱めに付けるだとか少しの工夫で改善されると思います。

今年の夏も異常に暑いですよね?この暑さに負けてしまわぬように日頃から気をつけていきましょう!

 

 

 

F

 

 

 

投稿者: つかさ整骨院はり灸治療院

2017.08.11更新

最近では、テレビでもよく紹介されるようになってきました「美容鍼」ですが、当院でも行なっております。

 

顔に鍼を打つなんて、痛そうで怖い…。と思ってらっしゃる方も多いのですが、美容鍼に使う鍼はとても細く柔らかいので、痛みを感じない方が多いです。もちろん、個人差はあります。

 

夏もそろそろ残暑です。顔に疲れが出てきた、紫外線で肌が荒れている。などとお悩みでしたら、是非お試しください。表情に張りが出てお化粧のノリも変わりますよheartglitter

投稿者: つかさ整骨院はり灸治療院

2017.08.08更新

アスパラギン酸とは、アスパラガスから発見された非必須アミノ酸です。

マグネシウム、カリウムと結びついて吸収し、

疲労物質である乳酸をエネルギーに変えてくれるため

エネルギーの代謝を高める作用があります。

 

flower2おすすめの食材flower2

アスパラガス  大豆  しらす干し

 

残暑で暑い日が続き、身体も疲労しているかと思うので

毎日の食事に程よく取り入れたいと思いますmeal

 

投稿者: つかさ整骨院はり灸治療院

2017.08.01更新

お腹を下した時、温かい紅茶を飲むといいと聞いたことがあります。

どんな作用があるのか調べてみました☆

 

紅茶を飲むと渋みを感じますが、その渋みがタンニンという成分で

紅茶は多く含まれているそうです。

タンニンには収れん作用があり荒れた腸の粘膜を保護してくれる作用があるそうです。

また、ペクチンという成分も含まれており、

便の中に含まれる水分を吸い取ってくれる作用があるそうです。

紅茶の香りはアルファ波を出し、リラックス効果もあるそうです。

ただし、飲むときに砂糖は禁物です。

また、カフェインでお腹を下してしまう体質の方もいらっしゃるので

ゆっくり飲んで様子を見てみましょうと書いてありました。

 

先日、紅茶を飲んでいたら。。。

コップに少しこぼしてしまい。。。

コップ

ニコちゃんマークに鼻が出来ました笑

O

 

投稿者: つかさ整骨院はり灸治療院

前へ 前へ
  • bnr_tel.png
  • お問い合わせはこちら
  • スタッフブログ
  • シェリーブログ
  • 患者さんの声
  • 駅前のふくろう整骨院