スタッフブログ

2017.08.27更新

夏も終わりに近づき、体調を崩したり、疲れが取れにくいことがあります。季節の変わり目は自律神経が乱れやすくなるので、不定愁訴が出やすい時期です。

 

人それぞれの対処法があると思いますが、食材や料理によって改善される自然療法がとても大事だなぁ。と実感します。

 

例えば、レタスが不眠症にいいとか、パイナップルがあざを治すとか、大豆商品が骨粗鬆症に効く。と言ったものです。

私たちが毎日口にしているものは気分を良くするもの、がんを予防するもの、ストレスを和らげるもの、エネルギーを高めるものなどがあります。

毎日口にする食物と積極的に向き合うことで、余分お金をかけずに癒しや健康を手に入れることができるのです。

 

食生活は簡単に変えられるものではないですが、少し気にかけるだけでも十分効果が得られると思います。これからは、実りの季節なので食を楽しみながら寒い冬を迎えられるように準備したいです^_^

 

m

投稿者: つかさ整骨院はり灸治療院

  • bnr_tel.png
  • お問い合わせはこちら
  • スタッフブログ
  • シェリーブログ
  • 患者さんの声
  • 駅前のふくろう整骨院