スタッフブログ

2017.08.01更新

お腹を下した時、温かい紅茶を飲むといいと聞いたことがあります。

どんな作用があるのか調べてみました☆

 

紅茶を飲むと渋みを感じますが、その渋みがタンニンという成分で

紅茶は多く含まれているそうです。

タンニンには収れん作用があり荒れた腸の粘膜を保護してくれる作用があるそうです。

また、ペクチンという成分も含まれており、

便の中に含まれる水分を吸い取ってくれる作用があるそうです。

紅茶の香りはアルファ波を出し、リラックス効果もあるそうです。

ただし、飲むときに砂糖は禁物です。

また、カフェインでお腹を下してしまう体質の方もいらっしゃるので

ゆっくり飲んで様子を見てみましょうと書いてありました。

 

先日、紅茶を飲んでいたら。。。

コップに少しこぼしてしまい。。。

コップ

ニコちゃんマークに鼻が出来ました笑

O

 

投稿者: つかさ整骨院はり灸治療院

  • bnr_tel.png
  • お問い合わせはこちら
  • スタッフブログ
  • シェリーブログ
  • 患者さんの声
  • 駅前のふくろう整骨院